全国の酒と肴と笑いを潤滑油に世界の人と文化とビジネスをつなぎ新しい価値をつくる さばのゆ COMEDY COMMUNICATION COMMNUNITY

WORKS

地域活性化・クリエイティブの主な制作事例

須田泰成は、クリエーティブディレクターとしても、
様々な仕事をしています。

明治屋おいしい缶詰「父の日」キャンペーン
(写真は、「ソラリーマン」の青山裕企さん/歌は、tamamix)


明治屋おいしい缶詰「父の日」キャンペーンは、
2015年に引き続き、2016年も盛り上がりました。

バレンタインに義理缶キャンペーンもユーモアあふれる定番キャンペーンに。

日本財団「ゆめの貯金箱」キャンペーン
(アニメーションは、星子旋風脚/歌は、tamamix)



2000年から、須田泰成が個人で始めた、
世田谷区経堂とその周辺エリアの地域活性化プロジェクト「経堂系ドットコム」。
「世田谷のグルメタウン」と呼ばれる経堂と全国の生産地をつなぐ活動を通じて、
全国の地域とコラボレーションを行っています。
このプロジェクトが、さばのゆの活動の原点となりました。

スクリーンショット 2014-06-23 17.09.23
その他、以下のような活動を通じて、全国の地域の活性化に取り組んでいます。

・「にほんいちプロジェクト
魚沼産十日町コシヒカリと日本全国の様々な食材の産地をつなぎ、
それぞれの産地の情報発信や活性化を行うプロジェクトです。

スクリーンショット 2014-06-23 18.28.24

・「十日町乾蕎麦研究所
十日町市の海藻つなぎの乾蕎麦を軸に、日本が誇る保存食・健康食である
「乾蕎麦」の文化を発信していくプロジェクトです。

スクリーンショット 2014-06-23 17.28.23

・「東洋経済・別冊 北九州の主張」(東洋経済新報社)
北九州市の市制50周年を記念した特集号の編集・執筆を行いました。